Mac & Pal

Tuesday, August 30, 2005

WebKitの最新ビルド──CSS3をほぼサポート

TUAWによると、WebKitの最新ビルドではCSS3のいくつかのプロパティーがサポートされた。アップルのSafari開発チームの「Surfin' Safari」には、CSS3のborder-image、background-clip、background-origin、border-radiusがWebkitの最新ビルドでサポートされたことが書かれている。

border-imageは1つの画像を4つの角、4つの辺、そして中身部分の計9カ所に分けることにより、それぞれの部分を伸長したり、タイル式に埋めることで、文章などの囲み装飾を、1枚の画像で簡単に指定することができるというもの。border-radiusは画像などの四つ角を丸くできるプロパティー。丸みは円(楕円)の垂直および水平方向の半径の長さで指定できる。面白いことがいろいろできそう。

Surfin' Safariによると、これにより、WebkitはCSS3のBordersおよびBackgroundsドラフトのほとんどすべてをサポートすることとなった。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home